2010年01月22日

予選突破

アフリカネーションズカップで、カメルーンが予選3節を終えて、グループDを突破しました。

今回の予選リーグは3試合とも先制される苦しい展開、カメルーン人もずっとやきもきしながらの観戦でした。
ガボン戦   0−1 負け
ザンビア戦  3−2 逆転勝ち
チュニジア戦 2−2 2回追いついての引き分け

ガボンが3節で負けたために、かろうじで予選突破できました。
なんだかんだで突破したのでみんな喜んでいます!まだ戦いが続きます!

カメルーン代表は、ヨーロッパの主要リーグでプレーしてる選手たち、組織的なパスサッカーをします。「日本代表がより素早くくプレーしている」というような印象です。
アフリカのサッカーの多くは、南米のような「個人技で勝負」ではないです。もちろん、テクニックを持って、そして強靭なボディバランスで、それでもって組織的なサッカーをします。
ポストプレー、センタリング、クロス、素早いパスからシュートを持って行って、今大会でも得点を挙げています。

ただし、失点があっけないのも事実。案外守備がもろかったり集中力を欠いたり。
今日のチュニジア戦も、カメルーンがほとんどボール支配して、そして
ビシっと決めた2ゴール。しかし、失点があっけなく、マークが甘くて決められたり、オウンゴールだったり。今日は2回追いついた展開だったし。

なので、6月14日の日本VSカメルーンは、どちらがよりボールを支配するか、日本がびしっと決められるのか?
初戦だし、お互い大事な試合!
楽しみです。私は今はカメルーン代表応援してますが、6月は日本を応援しますよ!
posted by shihoto at 03:38| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。