2010年03月18日

カメルーンのゴルフ

カメルーンもいくつかゴルフ場があります。首都ヤウンデやリゾートのクリビ、カメルーン山のブエアなどが私は知っています。
今までいったことなかったんですが、この最後の最後に、いよいよゴルフ場に行ってきました。

しかし午後から行ったのもあり、とても18ホール回る時間もないし、2年以上ゴルフクラブを振っていない私なので、結局ホールを回りませんでした。
これがクラブハウス
IMG_5279.JPG
打ちっぱなしをやることにしました。
私のスイングはひどいかもしれませんが、久しぶりに打てて気持ちよかったです!
IMG_5291.JPG
コースはこんな感じです。
IMG_5304.JPG
IMG_5306.JPG

ゴルフのフランス語もいくつかあり、勉強できました。しかしフランス語でも英単語をフランス語として使用するものもあります。ゴルフクラブはclubです。ゴルフ自体もgolfといいます。英語と共通です。

ボール1かご40球が1500FCFA(300円程度)です。ゴルフクラブレンタルが5000FCFA(1000円)でした。
やはりカメルーンじゃ高いスポーツ、上流階級の人じゃないととてもできないスポーツです。実際にプレーしている人はほんの少しで、ガラガラでした。
コースに出たら平日15900FCFA(3180円)、週末は20000FCFA(4000円)だそうです。日本円にしたら激安コースですね。

実際私はゴルフは全然詳しくないので、コースの良し悪しは言えません。しかし、気持ちよく振れて、実に久しぶりのゴルフはとてもよかったです。カメルーンで久しぶりに心から楽しめた1日でした。

カメルーンにいる日々があと1週間を切りました。日本への帰国が迫っています。長いと思っていた2年間も、過ぎたらあっという間、いろいろな思い出があります。貴重な日々でした。
posted by shihoto at 01:59| Comment(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

マンゴーの季節

カメルーンは緑も、フルーツも豊富な国です。たくさんのフルーツがそこらじゅうに生っていて、市場で簡単に買うことができます。
そして今マンゴーの季節がやってきました。

4〜5月が季節と思っていました。私がカメルーンに到着した2008年4月ごろもたくさん食べられたし、去年もそのころにたくさん食べていました。

そして「もうカメルーンじゃ食べれない」と思っていたのですが、この3月に、暑い赤道近くの日差しのおかげか、マンゴーが熟してきて、帰国直前のこの時期に、またカメルーンでマンゴーを食べることができました!

これがカメルーンのマンゴーです。
IMG_4882.JPG
そして皮をむくと、このきれいな色、そして甘くて、とってもおいしい!
IMG_4878.JPG
そしてやすい時なら1個50FCFA(10円)でも買えるんです。高いものでも1山500FCFA(100円)とかで買えます。

日本よりダントツに安いです!やっぱりたくさん生っていて、採れるからでしょう。
ある女性隊員も「日本よりダントツに安くておいしいの(*^_^*)」と喜んで言っています。

そんな安くてとってもおいしいマンゴーを、日本に帰るまでたくさん食べていきたいです。
posted by shihoto at 04:35| Comment(1) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

カメルーン山レース当日

いよいよレースの朝を迎えました。朝6時に会場のスタジアム入り、アップをしたり、応援の声が聞こえたり、レース前から会場は大盛り上がりです。

そして7時ちょっとすぎ、いよいよファンファーレが鳴り、いよいよスタートしました。
こんな感じ
P2204759.JPG

そして4095mの山頂を目指して、600人くらいの成年男子の部のレースがスタートしました。
他にも、成年女子、少年の部、ベテランの部(35歳以上から)などいろいろな部門があります。

さて、早いカメルーン人アスリートたちはどんどん山道を登って行き、あっという間に見えなくなってしまいました。

そんな中私も、コツコツ走って山頂を目指していってます。
第3ハットという山小屋まで4時間という制限時間。

第2ハットに2時間41分でつけた私は、「この調子でいこう!」と思ってました。しかしここからペースダウン、酸欠もあり、体もしんどくなって進めなくなる。
そして第3ハットについたのは4時間10分。もうおしまいかと思いましたが「行け」とスタッフがレースを続けさせてくれました。
そしてレースを続けました。
山頂には4時間40分でたどり着く。

そして後半戦、下りです。

しかしここで私は何度も転び始めます。急斜面と足場も悪い山道で全然進めないし、足も疲労がたまってるし、転んじゃいます。

しかしここですごいのがカメルーン人。彼らはこの山道を足元をしっかりさせてどんどん下って行くんです。飛び降りるような人もいます。
私が脚力レースの登りで抜き去ってきた人たちにもあっという間にぬかされていってしまう始末。

あれよあれよという間にカメルーン人選手はどんどん行っちゃいました。

私は転びながら、ゆっくりゴールを目指して進み続けました。

ふもとでは、チャンピオンは4時間台でゴール、優勝!私を抜いて言ったランナーたちも6時間台でゴールした模様。
P2204779.JPG
こんな感じのゴールです。

しかし私のレースは続いてました。そして8時間2分ほど、いよいよ私もゴールすることができました!

死ぬかと思うようなレースだし、何度ももうダメか?と思いました。擦り傷もたくさんできました。しかし走り切れました。
ボロボロなゴールです。
P2204803.JPG

人生で初めてこんな激闘レースと、42kmを走りました。順位は、山頂までいった完走者中161位でした。

初めての経験で、やろうと決めてから練習してきて、そしてやりきれたレースでした。日本に帰る直前に、一つの目標を達成できました!うれしかったです!

これが激闘の証です。
昨日もらったユニフォームが黒く汚れました。これでも洗った後。
IMG_4514.JPG
靴はこんなにまっくろ、そして左足はかかと部分がいつの間にかはがれてました。
IMG_4512.JPG
IMG_4513.JPG

とんでもないレースでした。カメルーンでの最後の大イベントでした!
posted by shihoto at 00:00| Comment(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。